レジャー&アウトドアジャパン2022

こんにちは!展示会営業(R)コンサルタントの清永です。

東京ビッグサイトで開催されたレジャー&アウトドアジャパン2022という展示会を取材したレポートをお伝えします。

 

展示会場の様子がわかる動画

レジャー&アウトドアジャパン2022の会場の様子を撮影しています。現場の雰囲気を感じていただけると思います。ぜひご覧ください。

 
 

レジャー&アウトドアジャパン2022の概要

2020年より世界中で拡大した新型コロナウィルス感染症拡大により、世界中のテーマパークやレジャー施設が休業となり、感染拡大を回避するべく多くのレジャー施設では入館制限や密を避けるための様々な対応策を講じ、新しい生活様式に対応したテーマパーク・レジャー産業の方向性を模索してきています。その一方、感染リスクが低いとされる屋外でのレジャー、特にキャンプやグランピングと言ったレジャーは、解放感もあり日常と違う自然触れられストレス発散に最適と言うことで、市場の拡大が続いており、新設のキャンプ場やテーマパークの一部をグランピング施設にするなどの新しい投資も進み始めてきました。 東京オリンピック&パラリンピックの開催のため、東京ビッグサイトのプレスセンターとしての会場制限の影響を受け2021年は開催が延期となりましたが、いよいよ『レジャー&アウトドアジャパン』は2022年7月に規模を拡大して東京ビッグサイトにて開催いたします。

本展は4つの専門テーマにて構成されています。

  • テーマパーク・レジャー施設向けアトラクション・サービス専門展『第7回テーマパークEXPO』
  • レジャー・商業施設の集客イベント・設営向け設備・サービス専門展『第6回イベント演出・設営EXPO』
  • キャンプ場・グランピング施設・アウトドア施設向け設備・サービス専門展『第5回キャンプ&グランピングEXPO』
  • プール・温浴施設向け設備・備品・サービス専門展『第2回プール&温浴産業展』

を構成展として開催し、総計300社の本業界の有力企業を集め、未来のテーマパーク・レジャー産業の新しいトレンドを発信し、本産業の今後の再発展のために貢献してまいります。

開催時期

2022年7月27日(水)~29日(金)

会場

東京ビッグサイト東展示棟

出展対象

  • アトラクション、遊具設備・器具

  • アクティビティ、アスレチック設備・機器

  • パークトレイン・モビリティ設備・機器

  • キャンプ・グランピング設備・用品

  • プール設備、プールアトラクション

  • 温浴設備、サウナ、ジェットバス設備・用品

  • イベント関連設備・備品・用品

  • グッズ、ノベルティ、お土産企画

  • 集客・決済・セキュリティ設備・サービス

来場対象

  • 遊園地、テーマパーク
  • 動物園、水族館、植物園
  • キャンプ、グランピング場
  • 公園、スポーツパーク
  • 商業施設、ショッピングモール
  • サービスエリア、道の駅
  • スタジアム、アリーナ、グラウンド施設
  • サーキット、競輪場、競馬場
  • プール、温浴施設、公衆浴場
  • フィットネスクラブ、公共運動施設

小間割り

東京ビッグサイトの小間割り図面は以下の通りです。

レジャー&アウトドアジャパン2022の会場小間割り_展示会営業術

 

主催者 

主催、後援、協賛は以下の通りです。

主催

  • TSO International株式会社

WEBサイト

WEBサイトは以下です。
https://caferes.jp/

会場の様子(写真)

会場を写真撮影しました。現場の様子をご覧ください。

レジャー&アウトドアジャパン2022の会場の様子5_展示会営業術 レジャー&アウトドアジャパン2022の会場の様子4_展示会営業術 レジャー&アウトドアジャパン2022の会場の様子3_展示会営業術 レジャー&アウトドアジャパン2022の会場の様子2_展示会営業術

 

展示会の専門家 清永の視点

ブースパラペットに単に社名だけを書いている会社が多く

非常にもったいない。

ブースキャッチコピー3つの要素

    • メリット提示
    • 具体性
    • TO ME メッセージ

にもとづき、シンプルに短い言葉で伝えることが重要。

 ※キャッチコピーのつくり方は、

  「ブースキャッチコピー3つの鉄則」をご覧ください。

 

また、せっかくブースで引き付けても、内気な人が多いせいか、

接客で損をしているブースが非常に多い。

ブース前に壁のように立ってブースの中を見えなくするのは絶対にNG。

ブースを遠目から見るように立ち、自分とブースの間のスペースに来場者を通すようにすることが重要。

詳細は、「即実践!マル秘テクニック」をご覧ください。