東海スーパーマーケットビジネスフェア2021

展示会名

東海スーパーマーケットビジネスフェア2021

会場の様子がわかる動画はこちらです。

 

 

 

開催時期 

2021年7月14日(水)~7月15日(木)

会場

ポートメッセ名古屋

展示会概要

 

東海エリアのスーパーマーケットをターゲットにした商談型展示会。東海4県を代表する有力食品スーパー17社が講演する。

小売・ギフト向けから中食、外食、デザート業界まで中部地域にPRする機会として活用可能。

会場内に専用デスクを設け、完全予約制で出展社とバイヤーの商談の場をセッティングしている。

 

 

出展者属性

  • 食品メーカー
  • 生鮮品
  • 加工食品
  • 健康食品
  • 菓子・スイーツ
  • 飲料・酒
  • 都道府県
  • JA(農業協同組合)
  • JF(漁業協同組合)
  • バックヤード店舗設備・機器・資材メーカー

来場者属性

  • スーパーマーケット
  • GMS
  • ネットスーパー・通販
  • ホームセンター
  • ドラッグストア
  • 百貨店
  • CVS
  • 生協
  • オーガニック・ナチュラル製品扱い店

小間割り・出展社一覧

 

主催者

日本食糧新聞社

Webサイト


http://supermarket.nagoya/entry/about01.html

会場の様子

展示会の専門家 清永の視点

 

東海地区のスーパーのバイヤーを対象にした展示会。

商材の良さをアピールするのではなく、

バイヤーにとってどうメリットがあるかを伝えることが重要。

エリア限定マップに採用店舗を落とし込むなどの

工夫をするとよい。

また、次の導線につながくことが重要。

たとえば、バイヤーに向けた「和菓子売り場づくり診断」など

を特典企画として、行動要請するとさらに成果を出しやすくなると思われる。

ブース対応のゴールを決めた上で出展するだけで、

成果が大きく変わる。

来場者にメリットがある、診断、点検、リサーチなどの特典を用意し、

その特典へのエントリーをブース対応のゴールにすることが重要。 

 ※特典企画の詳細は、「目からウロコの展示会フォロー」をご覧ください。

オンライン展示会営業®セミナー